2013/10/20

ほのぼの誕生日から一転、、、深夜に病院へ

 

前記事(次女、1歳になりました!)の続きです。

次女の誕生日を祝った夜、
まぁ、いつものごとく10時ぐらいにみんなで眠りにつきました。

すると夜中の2時ごろ、
次女が大声で泣き始め、お布団の上でごろんごろん
暴れ始め…

私ってば、おおかた怖い夢でもみたのね~
と、私自身もまだ夢うつつながら、
娘のお腹をポンポン。

で、ポンポンやっても落ち着くどころか、
ますます体をのけぞって暴れ始める。

しょうがないな~とおもいつつ、
抱っこしてユラユラしてみる。

でも、ますます大泣きして
体をのけぞってます。

なんだなんだっ?!

そのうち、例のごとく狸寝入りしてた夫も、
こりゃただ事じゃない!と起き出し、

「なんか、呼吸が変だよ!」と。

鳴き声でかき消されてるけど、
確かにゼィゼィというかグゥオホグゥオホ
というかそんな感じの、いつもと違う咳が聞こえました。

RS(アールエス)、悪化?!

急いで、小児夜間救急をしている県立中央病院へ。

夫も行く!というので、そうなると
長女を一人にしとくわけいもいかず、
長女を叩き起こし、一家で、
家から20分ぐらいのところにある、
中央病院のERへ駆け込みました。

幸い、熱はなく、
RS(アースエス)のウイルス自体は峠を越えちゃって
良くなってきてるってこと。

でも、ちょっと機嫌悪すぎるね…
ってことで、各種検査。

レントゲンをとってもらうと、
気管支炎になってて、という状態。

吸入と、鼻の吸引をしてもらい、
ようやく落ち着いたのでした。

お医者さんいわく、このぐらいの月齢の子の
RSは、完治するまでに1か月ぐらいかかる、
ということで、長い子になると2か月かかる場合も。

今、中央病院でもRSウイルスで入院している赤ちゃんが
たくさんいるらしい。

「入院します?」ってお医者さん。
「まぁ、今落ち着いたから大丈夫だけど、
またこんな感じで変な発作あったら入院を
検討してみましょうか…」

と言われ、ひぇ~~~~!
と軽くショックを受けた私でした。

というのも、最近、具合もいいので、
すっかりRSは治ったのでは?!
と安心ししていた私。

翌日、かかりつけの小児科に行き、
診てもらったら、RS自体は治ってるけど、
喉とか鼻の諸症状はまだ長く続きそうとのこと。

さらに、「機嫌悪さがおさまらないようだったら
中耳炎を疑って!
念のため耳鼻科でみてもらった方がいいかも。」
と言われ、そのあとすぐ耳鼻科へ。

幸い、中耳炎ではなく、RSの影響で耳が腫れているぐらい
との診断でした。

そして、また、喉の吸入と鼻の吸引。

次女、この吸入&吸引が大っ嫌いで、
機嫌悪さMAX!

でも、やった後は、すっきり~って感じになってました。
いつものごとく。

しばらくは、時々、この吸入と吸引をしに
耳鼻科に通うことになりそうです…。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. […] 今回で、いろいろ事情あって、徳島日赤、県立中央病院、徳大病院と大物をぜんぶ制覇(?!)してしまったことになるのだけど、 (日赤は、過去記事:小指がぱっくり裂けた大怪我参照、県立中央病院は過去記事:ほのぼの誕生日から一転、、、深夜に病院へ参照、そして徳大病院は今回)、どこも規模が大きく綺麗! […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウツコ日記 , 2013 All Rights Reserved.