2014/07/12

親不知を1個抜いてきた!

 

なかなかブログ更新できずに、
もうだいぶ前の出来事になっちゃってるんですが・・・

懸案の親不知2個のうち、1個を抜いてきました。

非常勤で来られてる、口腔外科のお医者さんに、
まず見ていただいたところ、

やはり結構やっかいな抜歯になる、と。

今回、上の親不知なんですが、その親不知の下の骨が、
私の場合、異常に薄くて、その下にある副鼻腔との境が5mmしかないらしい。

で、親不知を抜いたら穴が空いてしまって、副鼻腔、つまり鼻と口が繋がってしまう

らしい。

そうなると、どうなるかというと、

食べたものが鼻から出てきたりする(笑)

とか。

?!

それは困る!!

まぁ、穴が空いても小さい穴なら、粘膜を縫い合わせるのだけど、

大きい穴が空いてしまうと、縫うにしても1度では塞げなくて、
何度か通院して少しずつ塞いでいく

必要があるらしいです。

その穴の大きさも親不知を抜いてみないとわからないんですと!!

え~~~~~~~~~~~、、、、、

「・・・、そ、そんなリスクがあるのに、
やはり抜いたほうがいいんでしょーか??」
と私。

「・・・。抜いたほうがいいですね。」
と先生。

はい、わかりました(汗)。

というわけで、もう覚悟を決めました。

なんか、テレビの医療ドラマでよくでてくるような
「手術の成功確率は五分五分です。。。
やってみないとわからないんです。」
なんてことをお医者さんに言われて
祈るような気持ちで手術台に向かう患者さんの気分だわ。。
(って、大げさな私。)

麻酔をして、
なんかペンチみたいなんで引っ張りながら、
「これどうですか~、平気ですか~」

平気じゃないよ~~~~と心の中で叫びつつ、
「は、はひほ~ふへふ~(はい、大丈夫です~。」
と指でOKサインを出す私。

痛みに耐えるために、とりあえず他ごとを
ぐるぐる頭の中に描き、

とりあえず、娘の出産シーンを回想して
あのときの感動を頭に無理やりよぎらせ、
痛みを感じないよ~にがんばってみました。
うん、これ効果てきめん!笑

で、ぐ~いぐ~い
みたいな感じでやられてたら、

ぽろっ。

口の中に何かが落ちました。

お医者さん、「あ、とれちゃった!」

って。

え??

「歯茎切らずにとれちゃいましたね~。
ラッキー!」

って、

はいっ?
マジですか??

で、穴は???

先生、私の心を読んだのか(笑)、

「あ、穴は空いてませんね~。
よかったですね~。

・・・うわ、でも薄っ。」

・・・何が?

どうやら、穴は空いてないけど、
副鼻腔との境目の骨が薄くて
ちょっとした圧力で空いてしまう恐れがある、とのこと。

例えば、口を大きく膨らませたり、くしゃみをしないよーに!

だそうです^^;

花粉症の季節じゃなくてよかった〜、、、

というわけで、とりあえず1個目の抜歯はなんとかうまくいき、その後傷口も問題なく順調に回復しました。

よかった〜。

親不知、あと1個。
今度は下の歯。
しかも、埋まってるんだよなぁ、、、

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウツコ日記 , 2014 All Rights Reserved.