至高の鶏肉、土佐ジロー

 

美味しんぼに登場し、海原雄山が対決でイチオシ(?)していた土佐ジローを求めて、高知県は安芸の畑山温泉へ。

お盆休み終盤、駆け込みで一泊旅行してきました。

山奥の中の山奥にあります。

「限界集落」と当旅館のお方も表現されておりましたが、、、ケイタイの電波は全く入らない。

台風とか大雨とか大雪とかになると決してたどり着くことはできません。

来る山道、「落石注意」の看板が500mおきにありました。

「本当にこの道で合ってる?」と何度も疑いつつ、たどりついたお宿。

宿泊は1日3組まで。
なので、というわけではないですが、秘境の宿としてひそかに大人気でなかなか予約がとれないのです。
ホームページでは常に満席状態・・・

チェックインしてからお散歩へ。
近所に清流があるので川遊び♪

子どもって大自然の中だと普段とは違った笑顔をするなぁ~と思う。

私の実家も相当~な田舎(イノシシが出たりします^^)が、ここまでではない・・・。

もっと早い時間に着いていたら、もっと色々遊べたのになぁ~。

夕食の前に温泉へ。
ここは畑山温泉という、秘境の名湯なのです。

ひろ~い温泉を家族風呂で独占でした。

1日3組限定だからなせるワザ。
贅沢です!

お風呂から出たら、いよいよこの1泊旅行のお目当て!ディナー♪
土佐ジローの大満足コース!

まずはお刺身!

鳥料理専門店で鳥のお刺身が出てくるのは珍しいことではないのですが、
ここならでは!のお刺身という珍しい部位がいくつか。

珍しいのは、一番上真ん中のトサカ、と一番下の白子。。

鶏のトサカって?白子って?食べられるの??

しかも、お刺身ですよ、、、

んで、このお刺身がまた美味いっ!!
内臓系も、全く臭みがなく、すごく上品な味。

しまった〜!ビールじゃなくて、日本酒にするんだった〜!!(笑)
という妙味!

お次はタタキ!

そして、炭火焼!これも楽しみだったんだぁ~~~!

炭火焼にすると、土佐ジローの肉の歯ごたえ&弾力がはっきりと実感できます。

歯ごたえあるのに、柔らかい~っ!

筋肉ムキムキの取りやね~!って感じです。

白子も焼くの〜!

美味っ!

日本酒ほしい〜!!

テーブルの火鉢の上で、ご主人が一部屋一部屋訪れて丁寧に焼いてくれます。
ご主人のお話がまたとても面白い!

土佐ジローという品種の特長、どうやって育てているかなどを丁寧に話してくださいます!

トサカも焼いちゃうんです。

これがまた不思議な食感
同じトサカでも刺身と焼いたのでは食感が全く変わっちゃうのが不思議…

栗焼酎 ダバダ火振りをいただく。

ご主人が、味見してみますか?ってことでいただいたのだけど、味見って量じゃないですよね?

気前良すぎです。

炭火焼の後は、、、、土佐ジローのすき焼き!

卵も土佐ジローの卵!

ちょっと小さめ。これがまた上手~い!
卵かけごはんにしたい!^^

最後の〆は親子丼!

幸せや~~~~♪
この親子丼を食べにランチで来る人もたくさんいらっしゃるようですね~。

ちなみに、お子様メニューは、親子丼とから揚げでした!

食後に、ご当地、ファームアイスを買ってみた!

土佐ジローの卵を使ったアイスと、

焼きナス?!

焼きナス、中身は、、、、

すごい色。。。

お味は、、、まさに「焼きナス」でした(笑)

主人は、「あ、これ俺はいいわ、、、」

と卵アイスのほうに専念してしまいました^^;

が、次女は喜んで食べてた。
ナス、あんまり好きじゃないはずなんだけどなぁ、、、^^;

いや~~~、しかし!
このお宿はまた来たい!

土佐ジローは驚きの上手さだったし、温泉は気持ちいいし、
お宿もサービスも、ご主人もおかみさんもすごく温かい人で、
幸せなひとときでした♪

しかし、来るのがたいへん・・・山道はある程度のドライビングテクニックと度胸を要す。。。って感じですね。
私だけじゃ無理~><

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. […] ちなみに、宿泊したのは、下記、第27番 神峯寺近く(?・・・いや、ちょっと距離あるかな・・・?)の畑山温泉。 (ご参考までに・・・過去記事「至高の鶏肉、土佐ジロー」) […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウツコ日記 , 2015 All Rights Reserved.