2015/11/02

ぎろっぽん

 

この東京での13日間、六本木に滞在してるのですが、

んで、ヒルズ族という言葉があるように、六本木に住むことは人気があるみたいで、一種のステイタスにもなってるようですが…

私が思うに…

住むところじゃないっ!!(笑)

人多すぎっ!

なんか洗練された男女が多くて、落ち着かんっ!

それに、、、なんか建物複雑!

いや、これは六本木、というよりも、今回、メインで動くミッドタウンの中、ともいうべきか…

わけわからん!

どっちの方向に何があるのかさっぱりわからん!

そもそも自分がどこにいるのかわからなくなるっ!

Googleマップも使えんしっ!

そして、そんなエピソードをさっそくご紹介。

とある日中、ミッドタウンのレジデンスの一部屋で打ち合わせすることになったのですが…

たかだかマンションの一部屋にたどり着くのに、

なんじゃ?!この大変さは、、、

というぐらい、エレベーターを乗り換え、自動ドアを何度も通過し、

(しかも、壁とかエレベーターとか自動ドアのガラスが黒くて、、、

香港ギャングのボスの家かはたまた秘密組織の隠れ家かいっ!)

綺麗なお姉さんが数人コンシェルジェとして常駐していて、

(ホテルかよっ!)

というツッコミどころ満載な体験でした。

いやね、うちのアパートも自室にたどり着くの大変ですよ。

なんせアパート3階、コンクリむき出しのぼろっちい階段をへいこらへいこらのぼるわけですからね。

まぁ、次元が違いますね、ハイ…

外観といい内装といい設備といい、我が家とは1世紀ぐらいかけ離れてる感じがして、

さながら黒船の浦賀来航を目撃した日本人の心境、、、

とでもいうべきか^ ^

んで、私、その部屋から買い出しに行ったわけですが、ミッドタウン内のスーパーでお目当のものを買った後、そこに戻ろうとしたら…

迷子…?!

になってしまいました。

入り口、、、

ど、どこ?

状態で、

大量の水のペットボトルを入れたワゴンを押しながら、ミッドタウン内を右往左往。

途中、別のレジデンスに入ってしまい、

いや、こんな景色ではなかったような…

と引きかえしたり、

同じところをぐるぐるぐる…

これぞ、まさに!

ミッドタウンジャングル?!

聞くにも恥ずかしくて聞けず、

…ってか、レジデンスの名前がわからんっ!

最終手段として、その部屋の主に電話をするっ!

だけど、それは余計恥ずかしすぎるっ!

…で、結果的にもう一回スーパーに戻り、そこから、やってきた記憶を慎重にたどり、

慎重に歩き、

や〜っと、

これか?!

という入り口を見つけ、

さらにレジデンスの中のジャングルを慎重にたどり、

ようやく目的のお部屋に帰りついたのでした。

長い買い出しだなぁ〜と思われただろうか…

そういえば、弟が数ヶ月前まで、5年以上六本木に住んでたのを思い出しました。

ヒルズ族でもありません。
ミッドタウン族でもありません。

六本木にも小さなマンションは少なからず存在するらしい^ ^

で、話は戻りますが…

今回、打ち合わせのため、リッツのロビーラウンジでお茶することになり、コーヒーを注文したら、

1杯1500円なり〜(-_-)

ま、まじか、、、

わたし、地上波降りてスタバ行ってきます!

…みたいな(笑)

それにしても、この1500円って何で構成されてるんだろ…

景色代?!

45階からの眺め?!
…にしてもねぇ、、、

まぁ、私が払うんじゃないから…というのがせめてもの救い…

1500円あったら、

おうち海鮮居酒屋、豪華なのできるよ〜(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウツコ日記 , 2015 All Rights Reserved.