2016/05/18

さしすせそ と はひふへほ

 

次女、3歳。

だいぶ言葉ができてきて、大人と普通に会話ができるようになり、かなり生意気な女の子になってきたのですが…

それでもまだ、でちゅ、まちゅの赤ちゃん言葉が抜けません。

で、次女の話し言葉をよくよく聞いてみると、どうやら、さしすせそ と はひふへほ がちゃんと言えない。

さしすせそ はおわかりいただけるかと…

「いただき~まちゅ!」

とか

「おやちゅみなちゃい〜!!」

とか

「ママ、だいちゅき〜(大好き)!」

とか

「あいちゅ、くだちゃい!」
(アイス、ください)

とか。。。

じゃあ、はひふへほ はどーなるのかというと、

彼女が発音すると、

かきくけこ

になるのです。

例えば、

「おふとん」は、おくとん。

「えまちゃんのおくとんがないでぇ~~!」

などと言ってたり、
※注:「でぇ~」は阿波弁。

「おとうふ」は、おとーく。

「おと~く、おいちぃ~~!」(おとうふおいしい)

さしすせそ と はひふへほ の癖の期間が実は長い。

月齢から考えると、そろそろちゃんと言えてもいい頃だと思うから、こっちから訂正していくべきなんだろうけど、

面白くって、親もそのしゃべり方を真似して返してしまうので(笑)、なかなか矯正されないという・・・母親としてはアカンよね?

ちなみに、簡単な英語のフレーズも「でちゅまちゅ系」になってしまう次女。。

ぷり~ぢゅ!(=プリーズ)
せんちゅ~!(=サンキュー)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. mkitai より:

    ついにやりましたね!ナンバーワンおめでとう、ございます。
    けれからも、ブログお願いします。(^_^)v

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウツコ日記 , 2016 All Rights Reserved.