大塚国際美術館

 

鳴門にある大塚国際美術館に行ってきました。

ここ、事前の予想を見事に裏切られました。いい意味で、です。

この大塚国際美術館、私は生まれてから何度も素通りしつつも、実際に中に入ったことなかったんです。

だってねぇ、ここ入館料3000円なんですよ。。。
(今は、消費税がかかってか、3240円になってます。)

「ってか、全部レプリカでしょ??レプリカ見るのに3000円って高いよねぇ、、、??・・・」

ってよく母と話したものでしたが・・・。

うちの主人は、美術、とりわけ絵画が大好きな人なので、行きたいと言うかと思いきや、

「だって、しょせん複製でしょ?有名どころはヨーロッパに結構見に行ったし~。絵を見るなら本物に限るよね~」

などと生意気なこと言ってて、私も同感なのですが・・・

まぁこの点でめずらしく意見が一致して、今までここに来る機会がなかったわけです。

今回、淡路島&鳴門での時間つぶそうと思って、ふらっと立ち寄ることになりました。

時間つぶしにしては、かなりお高いんですけど^^

長~いエスカレーターを登ったところにあります。
こういう長いエスカレーター、ロンドンの地下鉄によくありました。

私がロンドン住んでいたところの最寄駅St.John’s Woodにもこんな感じの長いエスカレーターがあったのですが、ある日主人がこの長いエスカレーターから転げ落ちて背中血だらけになって帰ってきたことがあります。

長いエスカレーターを見るとそのことを思い出します。

当時は「ええ~~~っ!」って感じでびっくり&超心配したのですが、今から思い出すとぷぷっな思い出。

話が脱線しましたね。

さて、長いエスカレーターを上がって、いよいよ美術館の中へ。

入ってすぐのところには、バチカンのシスティーナ礼拝堂の最後の部屋である、
ミケランジェロ作「最後の審判」の部屋があります。

ここ、私実際に、システィーナ礼拝堂に行ったことがあるのですが、、、
実物をみたときは、体が震え、自然に涙が出てきたことを今でもすご~くよく覚えています。

フェルメールが大好きな主人に、ロンドン時代、「フェルメールの全ての絵を見にいく!」とオランダのアムステルダムやらデルフトやら、もちろんオランダ以外にも、フェルメールの絵を求めて方々の美術館へと連れ出されました。

フェルメールの風景画というのは、この2枚だけらしいです。

ここに飾られていたフェルメールの絵、5枚ぐらいかな、全部ヨーロッパに見にいきました。

そう考えると、フェルメールの絵は全て見ちゃったのかも。

オタクな主人のおかげです。ひそかに感謝。。。

モネの睡蓮をモチーフにした庭。

横がカフェになっていて、睡蓮をみながらティータイムできるのです。

この裏側に、睡蓮の壁画を完全再現したものもあります。

ゴッホのひまわり。

ムンク。横で叫び顔をして写真を撮ろうという衝動にかられましたが…

やはり、一番人気のモナ・リザ。

横にたって写真撮影してる人多数。
でも、、、レプリカだよ?と心の中で意地悪なツッコミをしてみる^ ^

最後の晩餐。上が修復後、下が修復前。
こうやって見比べることができるのも楽しい。

私の大好きな絵のひとつ。

ナポレオンの戴冠式。初めてルーブル美術館に行ったとき、この絵にいたく感動したのを今でも覚えてます。

モナ・リザよりも感動して、絵の前でしばらく佇んでました。

↑レンブラントの夜警。これも、ヨーロッパで見たけど、どこだったか…

ピカソのゲルニカ。
反戦がテーマだそう。

お昼は、最上階のレストランへ。

海鮮丼や鯛めしなど、鳴門グルメが味わえる。

お子様ランチもありますよ。

子ども向けのイベントもやっています!

↓うちわ作り

絵の中で描かれる美男美女に投票するコンテスト↓

いろいろ考えるね〜!

私もパリのマッダームに変身〜!

ここ、数時間とかで退散するのは勿体無いっ!!

1日時間とって、改めてゆーっくり見に来たいなぁ〜と思える大満足な場所でした。

にしても、入館料高すぎだけど…^^;

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウツコ日記 , 2015 All Rights Reserved.