お好み焼きの多万藻が…

 

高松市の丸亀町にあるお好み焼き屋さん、多万藻。

高校のときにめちゃくちゃ通った、このお好み焼き屋さん。

私のおばあちゃんぐらいの年の姉妹のおばあちゃんが焼いてくれるお好み焼き。

これがまた、、、こんな美味しいお好み焼きは生まれて初めてだし、今後もおそらく出会うことないだろうという美味しさのお好み焼き!

その名も、

名物!

多万藻焼。

普通のお好み焼きとはまた違う!

そして、その上にのってる、手作り辛子マヨネーズとの絶妙なコンビネーション!!

それが食べたくて、

高松に行くたびに、

多万藻に行きたいよね〜

と母と話してたんですが…

実は、母も高校生時代に多万藻に何度か行っていて、

っていうか、母が高高生のときも存在し、私のときも存在し、

それも、同じオカミさんが経営しお好み焼きを作ってて、

そのお方たちも間違いなく80は超えてるだろうなぁという感じなんですが…

おそらく高高生の多くが足繁く通ったに違いない!

私もその一人だけど。

…んで、まだ多万藻が営業してるという噂も聞き、

食べログにも載ってるし、
http://s.tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37003979/

もう一度あの味を!

…と母と一緒に、10年ぶりぐらいに足を運んでみたのでした。

な、懐かしい〜!

しかし…

一足先に店の前にたどり着いていた母が店の前でぼーっと突っ立ってる。

???

???

???

え??

閉店??

…ってこと??

……

……

……まじか??

…ってことは、

もう二度と多万藻焼は食べられないのか?!

……

ショック……

どうしてもっと早く来なかったんだろう…

丸亀町グリーンに来るたびに、

「多万藻、まだ営業してるらしいよ?」

「え?ほんと?」

とか、

「多万藻に行ってみる?」

って何度こんな会話したかをからない。

こんな会話を商店街に来るたび「合言葉のように話してたのに…

また今度にしようか〜

ってなんだかんだ言い訳して行かないでいたら…

後悔先に立たず!

…というのはこのこと!

あの、辛子マヨネーズののった、玉藻焼をもう二度と味わうことができないんだなぁと思うと、

丸亀町グリーンに向かう足取りは戻る足並みは重くなり、

涙が溢れそうになった…

多万藻は今後再開することはないだろうな。

おばちゃんたちは高齢だったし。

むしろ、いままでやってたことのほうが不思議。

でも、でも、悲しくて、残念でならない。

実は高校を卒業し、大学生になったときに、母と一緒に行ったことがあって、

私のことだけでなく、それこそ20年ぐらいご無沙汰だった母のことさえも覚えていて、

お互いに再開を喜んだことを今でも覚えている。

あれから、どうして10年近くも行かなかったんだろうな。

母も私も大好きな店だったのに…。

そして、多万藻に一緒によく食べに行ってた、藍ちゃんという高校時代の親友のことも思い出す。

彼女とはよく一緒に勉強し、遊んだ、親友でありライバルだった。

彼女はあの後国立大医学部に行って、今頃、女医さんとして活躍してるんだろうな〜と思う。

藍ちゃんと勉強して、夕方よく一緒に食べに行ったなぁ。

多万藻焼食べながら、
「絶対、合格しようねっ!頑張ろうねっ!」

って励ましあったなぁ。

そんな私たちを、おばちゃんたちは温かい目で見守ってくれてたよなぁ。

時には励ましてくれたなぁ。

多万藻は、私の人生の大切な一部、宝物だ。

私の受験時代の癒しだった。楽しみだった。

多万藻焼を食べられなくてもいいから、おばちゃんたちに会いたい。。。

このブログを偶然にでも見てくれれば、

この気持ちが伝われば、

なんて贅沢は言わないけど、

ひとこと、

ありがとう

って言いたい…

そして、

おばちゃんたちが当時と変わらない笑顔で、

元気に幸せでいてくれますように、

と願うばかり。

…って、たかだかお客さんのひとりに過ぎない私だけど、

それでも、そう、思うぐらい、

そんな思い入れの深いのが、多万藻…

なんだよな。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウツコ日記 , 2015 All Rights Reserved.