長男出産記① 前駆陣痛

 

今回の妊娠は、今までになく前駆陣痛というものを意識したものでした。

前駆陣痛というものは、陣痛ほどではないが陣痛様の弱い痛み、それも不規則にやってくるもので、いわば陣痛の予行演習のようなもの。

予定日は7月12日だったのですが、この前駆陣痛というものが7月に入る前から夜中を中心にやってきていました。

そもそも、今回はギリギリまで仕事をしており、そのため周りからは、「いっぱい動いてるから、今回は予定日より早く出てきちゃうんじゃない?」と言われていました。

ちなみに、教室レッスンは出産の2週間前まで、すなわち6月末いっぱいまでやっていて、スカイプでのコーチングセッションにいたっては、予定日当日までやってました…。

6月の最終週の定期健診の内診で、「子宮口1.5㎝ね。」と言われ、せめて教室を開けてる6月いっぱいはお腹の中にいて〜…と思ったりもしてました。

で、この前駆陣痛、けっこう痛い…

よく「生理痛を重くしたもの」と言いますが、私のはもっと痛かった!

痛みが来ると横にならざるを得なかったし、あと夜中に来ることが多くて、痛みで眠れず…という夜もしょっちゅう。

まだ予定日まで数週間もあるのに、前駆陣痛が来るたびに、これはお産近いぞぅと思って、

「なんかもう今日か明日あたりに(陣痛が)来そう…」

とほぼ毎日のように家族に話していて、

私ってば「陣痛くるくる詐欺」というか、狼少年みたくなってました。

上の2人のときは、前駆陣痛って何??…というぐらい、ほぼ無縁だったのですが…

なんだろう…男の子だから??

つわりもそうだけど、今回は今までとはだいぶ違う感じでした。

Posted from するぷろ for iPhone.

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウツコ日記 , 2017 All Rights Reserved.