2017/07/29

おっぱいタイムが恐怖です…

 

退院しました。

さて、いよいよ長男との新しい生活が始まるわけですが…

入院中から私の前に大きく立ちはだかる試練…それは授乳…

長女と次女も完全母乳で育てたので、長男も完母で行きたい…

と、母乳育児にはこだわりたいので、出産直後から、完母でがんばってはいるものの、

おっぱいが痛すぎる…

男の子、吸い付きが強烈です。

うん、娘のときも痛かった!

けど…、いや、これ、それを凌ぐ激痛なのです。

思いっきり咀嚼してません??(汗)

…ってぐらい、まずは。おっぱいを口に含ませたときの言いようのない激痛…そして、それは授乳中も痛みはずっと続く…

授乳してるときの私の顔、まるで、般若の形相….

歯をくいしばって顔歪んでます…

授乳中はスマホを見る余裕もなければ、誰かと話す余裕もなし!

…てか、気がついたら思いっきり息とめてて、呼吸をわすれてます、私。

名付けて、授乳時無呼吸症候群状態…

母乳はちゃんと出てるか…という点からすれば、うまくいってるほうなんだと思う。

出産翌日の夜は、おっぱいがパンッパンッに張って痛くて全く眠れん〜

という、おなじみの苦痛はあったものの、なぜか上の娘のときほどは辛くなく、

(長女のときは数日間、お皿がおっぱいの中に入ってるんじゃないかってぐらい、カチンコチンに張って、夜中ずーっと涙を流していた記憶が…)

助産師さんのマッサージの必要もなく、なんとか乗り切れたし、

数日後からは、助産師さんのおっぱいチェックや、赤ちゃんの体重から、何人かの助産師さんから、

「うわ!しっかり出てるね!」
「ミルク足さずに赤ちゃんの体重、いい感じで増えてる ね〜!優秀!」
「さすが3人め!」

などとお褒めの言葉をいただき、

それはそれで「えっへん!」と素直に嬉しいのだけれど、

おっぱい吸われてるときが相当痛くて、もう心が折れるのなんの…

ミルクに逃げようか…

いやしかし、ミルクに逃げたら逃げたで、おっぱいパンッパンッの別の痛みも待ってるんだよな〜…

と袋小路状態…

おっぱいの傷にいいという軟膏を塗りたくってみるものの、もはや気休め程度にしかなってないんじゃなかろうか、と。

とりあえず、耐えるのみ!…でがんばってはいるものの、

息子がお腹空かして泣き始めたときは、

きたよ、きたよ、きたよ…

とビクビクしながら抱っこをし、

片手で息子の頭をつかんでおっぱいを口に含ませようとするも、ずるずる後ずさりする私のおっぱい…

そして、がぶりんちょされたときの私のうめき声は止むことを知らず…

寝顔は天使。

でもおっぱい欲しがってるときは悪魔に見えるんですよ…。

キバが見えるし、ツノも見える…これ幻覚症状?!(汗)

おっぱいをめぐる戦いは、まだまだ始まったばかり…

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウツコ日記 , 2017 All Rights Reserved.